Category : FISCO

55分前

和田興産<8931>のフィスコ二期業績予想

※この業績予想は2018年11月4日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

和田興産

3ヶ月後
予想株価
900円

分譲マンションの開発が主力の不動産会社。戸建住宅販売や不動産賃貸も行う。地盤の兵庫県・神戸市から周辺地域に進出。自身はマンション作りに専念し、販売は外部に委託。19.2期2Qは大幅増収増益。計画比上振れ。

19.2期は上期に大型物件2棟などが竣工し、引渡しが順調に進捗。販売用収益物件の稼働によって賃貸収入も増える。広告費増こなし、会社計画を上回る増益へ。連続増配。指標面の割安感が株価を下支えする展開を想定。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
19.2単/F予/39,000/3,500/2,650/1,800/162.17/32.00
20.2単/F予/42,000/3,700/2,850/1,900/171.17/34.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2018/11/04
執筆者:JK
<FA>

2時間前

オーエムツーネットワーク<7614>のフィスコ二期業績予想

※この業績予想は2018年11月4日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

オーエムツーネットワーク

3ヶ月後
予想株価
1,400円

食肉小売り。スーパーの店内などで精肉店や惣菜店を営む。焼肉やステーキの外食店も展開。エスフーズの連結子会社。M&Aに前向き。今年7月末の店舗数は食肉・惣菜店155店舗、外食52店舗。19.1期2Qは低調。

19.1期は不採算店舗の閉鎖や改装店舗の貢献で精肉店や惣菜店が下期に上向く。外食店も新店効果などで底入れ。改装・出店費用こなし、営業益反発へ。営業外に持分損失計上。株価は上期の出遅れが響き戻り弱いと想定。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
19.1連/F予/30,900/1,620/1,870/1,150/170.34/24.00
20.1連/F予/31,500/1,700/1,950/1,200/177.75/24.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2018/11/04
執筆者:JK
<FA>

4時間前

OSGコーポレーション<6757>のフィスコ二期業績予想

※この業績予想は2018年11月2日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

OSGコーポレーション

3ヶ月後
予想株価
950円

アルカリイオン整水器や浄水器、家庭用電気治療器などを製造販売。メンテナンスや水宅配も行う。20年8月の創立50周年に向け、大規模販促企画を展開中。アジア開拓にも力注ぐ。19.1期2Qは二桁増収・黒字転換。

19.1期は大規模販促や販売方法変更に伴う混乱収束で家庭用整水器が上向く。業務用整水器はドラッグストアなどへの導入順調。猛暑到来で水宅配も伸びる。利益急回復へ。PERに割高感なく、株価は堅調な展開を想定。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
19.1連/F予/6,600/400/530/300/60.63/30.00
20.1連/F予/7,300/530/550/310/62.65/30.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2018/11/02
執筆者:JK
<FA>

5時間前

セイコーエプソン<6724>のフィスコ二期業績予想

※この業績予想は2018年11月2日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

セイコーエプソン

3ヶ月後
予想株価
2,000円

インクジェットプリンタ(IJP)とその消耗品が主力。プロジェクタやウェアラブル端末も手掛ける。家庭用に強い。大容量インクタンク搭載IJPの販売を強化。産業用ロボにも力注ぐ。19.3期2Qは増収・営業増益。

19.3期は中南米の販売が振るわず。だが大容量インクタンクIJPやプロジェクターが伸長。所有資産の売却益上乗せ。新興国通貨安の影響こなし、増収増益へ。上期の利益が社内計画に届かず、株価の上値は重いと想定。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
19.3連/F予/1,090,000/77,000/76,000/60,000/170.34/62.00
20.3連/F予/1,100,000/80,000/79,000/61,000/173.18/62.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2018/11/02
執筆者:JK
<FA>

6時間前

大分銀行<8392>のフィスコ二期業績予想

※この業績予想は2018年11月6日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

大分銀行

3ヶ月後
予想株価
4,000円

大分県で預金・貸出金シェア首位の地銀。福岡県や宮崎県などにも店舗を配置。今年6月末の自己資本比率(国内基準)は10.8%。提携先が行う購入型クラウドファンディングサービスの募集案件取次ぎを今年10月開始。

19.3期は中小企業向け貸出や個人ローンを推進し、資金利益上向く。与信費用減少。だが外債・国債売却損を株式売却益や有証利息配当金で埋めきれず。経費削減を進めるも経常益続落か。配当維持。株価は横ばいを想定。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
19.3連/F予/57,000/0/9,200/6,300/400.47/80.00
20.3連/F予/57,000/0/9,500/6,500/413.18/80.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2018/11/06
執筆者:JK
<FA>

8時間前

日本製鋼所<5631>のフィスコ二期業績予想

※この業績予想は2018年11月6日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

日本製鋼所

3ヶ月後
予想株価
3,000円

樹脂製造機械や成形機などの産業機械が柱。素形材・エネルギー(鋳鍛鋼製品、クラッド鋼管)事業はグループ会社を新会社にまとめ黒字定着狙う。中計では21.3期に営業益300億円以上が目標。19.3期2Qは好調。

19.3期は電力・原子力向け鋳鍛鋼製品が低調。だが樹脂製造・加工機械の受注堅調。天然ガス輸送用クラッド鋼管も上向く。増収・二桁増益へ。事業再構築関連の特損は消滅。株価は指標面の割安感から堅調な展開を想定。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
19.3連/F予/227,000/24,000/25,000/20,000/269.15/50.00
20.3連/F予/235,000/25,500/26,500/18,500/251.68/50.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2018/11/06
執筆者:JK
<FA>

17時間前

OCHIホールディングス<3166>のフィスコ二期業績予想

※この業績予想は2018年11月6日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

OCHIホールディングス

3ヶ月後
予想株価
1,450円

住宅資材や暖房機器を扱う専門商社。木造住宅を中心とした構造躯体の加工組立も。九州地盤。M&A志向。今年5月に愛媛県の木材加工会社、8月に宮城県の業務用機器販売会社を相次ぎ買収。19.3期2Qは利益足踏み。

19.3期は台風や豪雨による工事遅延で前半低調。人件費増や物流費増、M&A費用も重石。だが買収会社上乗せ。自然災害の影響が薄まる後半挽回。増収増益・連続増配へ。指標面に割高感なく、株価は底堅い推移を想定。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
19.3連/F予/101,500/2,230/2,380/1,550/117.24/24.00
20.3連/F予/105,000/2,400/2,450/1,600/121.02/24.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2018/11/06
執筆者:JK
<FA>

17時間前

OCHIホールディングス<3166>のフィスコ二期業績予想

※この業績予想は2018年11月6日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

OCHIホールディングス

3ヶ月後
予想株価
1,450円

住宅資材や暖房機器を扱う専門商社。木造住宅を中心とした構造躯体の加工組立も。九州地盤。M&A志向。今年5月に愛媛県の木材加工会社、8月に宮城県の業務用機器販売会社を相次ぎ買収。19.3期2Qは利益足踏み。

19.3期は台風や豪雨による工事遅延で前半低調。人件費増や物流費増、M&A費用も重石。だが買収会社上乗せ。自然災害の影響が薄まる後半挽回。増収増益・連続増配へ。指標面に割高感なく、株価は底堅い推移を想定。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
19.3連/F予/101,500/2,230/2,380/1,550/117.24/24.00
20.3連/F予/105,000/2,400/2,450/1,600/121.02/24.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2018/11/06
執筆者:JK
<FA>

17時間前

OCHIホールディングス<3166>のフィスコ二期業績予想

※この業績予想は2018年11月6日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

OCHIホールディングス

3ヶ月後
予想株価
1,450円

住宅資材や暖房機器を扱う専門商社。木造住宅を中心とした構造躯体の加工組立も。九州地盤。M&A志向。今年5月に愛媛県の木材加工会社、8月に宮城県の業務用機器販売会社を相次ぎ買収。19.3期2Qは利益足踏み。

19.3期は台風や豪雨による工事遅延で前半低調。人件費増や物流費増、M&A費用も重石。だが買収会社上乗せ。自然災害の影響が薄まる後半挽回。増収増益・連続増配へ。指標面に割高感なく、株価は底堅い推移を想定。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
19.3連/F予/101,500/2,230/2,380/1,550/117.24/24.00
20.3連/F予/105,000/2,400/2,450/1,600/121.02/24.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2018/11/06
執筆者:JK
<FA>

17時間前

OCHIホールディングス<3166>のフィスコ二期業績予想

※この業績予想は2018年11月6日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

OCHIホールディングス

3ヶ月後
予想株価
1,450円

住宅資材や暖房機器を扱う専門商社。木造住宅を中心とした構造躯体の加工組立も。九州地盤。M&A志向。今年5月に愛媛県の木材加工会社、8月に宮城県の業務用機器販売会社を相次ぎ買収。19.3期2Qは利益足踏み。

19.3期は台風や豪雨による工事遅延で前半低調。人件費増や物流費増、M&A費用も重石。だが買収会社上乗せ。自然災害の影響が薄まる後半挽回。増収増益・連続増配へ。指標面に割高感なく、株価は底堅い推移を想定。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
19.3連/F予/101,500/2,230/2,380/1,550/117.24/24.00
20.3連/F予/105,000/2,400/2,450/1,600/121.02/24.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2018/11/06
執筆者:JK
<FA>

17時間前

キトー<6409>のフィスコ二期業績予想

※この業績予想は2018年11月4日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

キトー

3ヶ月後
予想株価
2,200円

ホイストやクレーンの物を持ち運びするハンドリング機器が主力。「キトー」ブランドで展開。世界50カ国以上に販売網。19.3期1Qは二桁の増収、約90%の営業増益と伸長スタート。旺盛な需要への増産体制を継続。

19.3期の業績予想を上方修正。売上高、各利益ともに過去最高見通し。日本はインフラ関連、米国は資源関連の需要が底堅い推移が続く。中国ではEV等が活況。株価は上方修正を受けて動意付く。直近高値を目指す。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
19.3期連/F予/60,000/6,000/5,700/4,000/195.95/40.00
20.3期連/F予/63,000/6,300/6,000/4,200/205.78/40.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2018/11/04
執筆者:NI
<FA>

前の記事へ »