Category : Miniトピック

4日前

日本の10−12月期経済成長率は低い伸びにとどまる可能性

 本日発表された日本の7−9月期国内総生産(GDP)は、自然災害の影響などを受けて前期比−1.2%のマイナス成長となった。今年1−3月期に天候不順などの影響で個人消費が低迷し、前期比年率−0.9%となったが、それ以来のマイナス成長となる見込み。

 市場関係者の間からは、「10−12月期における個人消費の動向は2019年度における消費税増税の可否についての有力な判断材料になる」との声が聞かれている。10−12月期の成長率は7−9月期に落ち込んだ反動でプラス成長となる見込みだが、国際貿易環境の悪化や世界経済の減速懸念が台頭しており、一部では「個人消費が伸び悩んだ場合、10−12月期の経済成長率は1%台にとどまる可能性がある」との見方が出ている。
<MK>

1か月前

2019年の米金利見通しは不透明か

 16日の米国株式市場では、主要企業が発表した決算内容が良好だったことや、9月米鉱工業生産や8月JOLT求人件数が堅調だったことから、主要株価指数は大幅高となった。外為市場では株高を意識して主要通貨に対する円売りが活発となった。ただ、トランプ米大統領が「米連邦準備制度理事会(FRB)は最大の脅威」と述べたことや利上げペースが速すぎるとの見方を示したことから、株高でも米長期債利回りは上げ渋った。

 トランプ大統領はFRBの金融政策(利上げ継続の方針)を執拗に批判していることから、一部で2019年の金利見通しを修正する動きが出ているようだ。シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)グループがFF金利先物の値動きをベースに算出する「FedWatch」によると、16日時点で12月の追加利上げ確率は77%程度とされている。市場関係者の大半は12月に追加利上げが行なわれると想定しているが、一部の市場関係者は「確定的と言えるほどではない」と指摘しており、政治・経済の分野で予期せぬ動きがあった場合、12月利上げの可能性は大幅に低下することもあり得る。
<MK>

1か月前

人民元安継続、中国は為替操作国に認定される可能性

 8日の欧米市場でドル・円は9月27日以来となる112円82銭まで下落した。一部報道によると、トランプ米政権は中国人民元の下落を懸念しており、米財務省は中国を為替操作国と認定する可能性があるとの憶測が広がったことがドル売り・円買いを促したようだ。報道によると、米財務省は半期毎の為替報告書を来週公表する予定となっている。

 今年4月13日に公表された為替報告書では、「対米貿易不均衡是正に向けた中国の取り組みに進展が見られない」との見解が表明されていた。米国は中国を為替操作国と認定していないものの、中国に対して公平で相互的な競争条件の創出を要請している。米財務省は8日「貿易について中国と協議する」との意向を示しているが、協議を行なう前に中国を為替操作国と認定する可能性は残されている。為替報告書の内容が明らかになるまではリスク選好的なドル買い・円売りは抑制される可能性がある。
<MK>

1か月前

米長期金利上昇は一時的な現象か?

 4日のニューヨーク市場で米10年債利回りは一時3.23%まで上昇したが、欧米株安を意識して長期債利回りの上昇は一服した。市場関係者の間では、米10年債利回りは3%近辺が下限となり、中期的に4%レベルを目指して緩やかに上昇していくとの見方が浮上している。
これに伴い、米国債イールドカーブ(利回り曲線)の平坦化はおおむね終了し、今後は2年−10年、10年−30年などのタームにおける利回り格差は少しずつ拡大していく(スティープニング)との声も聞かれている。

 5日発表の9月米雇用統計で、非農業部門雇用者数や平均時給が市場予想を上回った場合、米長期債利回りは再上昇する可能性があるが、米国株式が小幅な下げにとどまった場合、2年債と10年債の利回り格差は拡大し、ドルは主要通貨に対して全面高となる可能性がある。
<MK>

1か月前

米長期金利上昇は一時的な現象か?

 4日のニューヨーク市場で米10年債利回りは一時3.23%まで上昇したが、欧米株安を意識して長期債利回りの上昇は一服した。市場関係者の間では、米10年債利回りは3%近辺が下限となり、中期的に4%レベルを目指して緩やかに上昇していくとの見方が浮上している。
これに伴い、米国債イールドカーブ(利回り曲線)の平坦化はおおむね終了し、今後は2年−10年、10年−30年などのタームにおける利回り格差は少しずつ拡大していく(スティープニング)との声も聞かれている。

 5日発表の9月米雇用統計で、非農業部門雇用者数や平均時給が市場予想を上回った場合、米長期債利回りは再上昇する可能性があるが、米国株式が小幅な下げにとどまった場合、2年債と10年債の利回り格差は拡大し、ドルは主要通貨に対して全面高となる可能性がある。
<MK>

2か月前

平均時給の上昇率は年末にかけて前年比+3%に到達するか?

 7日発表される8月米雇用統計では、非農業部門雇用者数は前月比+19.1万人程度、失業率は7月から0.1ポイント低下し、3.8%となる可能性がある。直近3カ月間(5月-7月)における非農業部門雇用者数は平均で約22.4万人増加しているが、米国は完全雇用の状態に近づきつつあることから、20万人超の雇用増が数カ月続く可能性は低いとの声が聞かれている。6日発表された8月ADP雇用統計では、民間部門の雇用者数は16.3万人の増加にとどまっている。
 市場関係者が注目している平均時給は前年比+2.7%と予想されており、上昇率は7月実績と同水準となりそうだが、労働市場における需給関係が緩んでいるわけではなく、平均時給が相対的に高い業種(鉱業、建設、情報、金融)における雇用拡大が期待されていることから、一部の市場関係者は「平均時給の上昇率は年末にかけて前年比+3%に到達する可能性がある」と予想している。
<MK>

2か月前

平均時給の上昇率は年末にかけて前年比+3%に到達するか?

 7日発表される8月米雇用統計では、非農業部門雇用者数は前月比+19.1万人程度、失業率は7月から0.1ポイント低下し、3.8%となる可能性がある。直近3カ月間(5月-7月)における非農業部門雇用者数は平均で約22.4万人増加しているが、米国は完全雇用の状態に近づきつつあることから、20万人超の雇用増が数カ月続く可能性は低いとの声が聞かれている。6日発表された8月ADP雇用統計では、民間部門の雇用者数は16.3万人の増加にとどまっている。
 市場関係者が注目している平均時給は前年比+2.7%と予想されており、上昇率は7月実績と同水準となりそうだが、労働市場における需給関係が緩んでいるわけではなく、平均時給が相対的に高い業種(鉱業、建設、情報、金融)における雇用拡大が期待されていることから、一部の市場関係者は「平均時給の上昇率は年末にかけて前年比+3%に到達する可能性がある」と予想している。
<MK>

2か月前

平均時給の上昇率は年末にかけて前年比+3%に到達するか?

 7日発表される8月米雇用統計では、非農業部門雇用者数は前月比+19.1万人程度、失業率は7月から0.1ポイント低下し、3.8%となる可能性がある。直近3カ月間(5月-7月)における非農業部門雇用者数は平均で約22.4万人増加しているが、米国は完全雇用の状態に近づきつつあることから、20万人超の雇用増が数カ月続く可能性は低いとの声が聞かれている。6日発表された8月ADP雇用統計では、民間部門の雇用者数は16.3万人の増加にとどまっている。
 市場関係者が注目している平均時給は前年比+2.7%と予想されており、上昇率は7月実績と同水準となりそうだが、労働市場における需給関係が緩んでいるわけではなく、平均時給が相対的に高い業種(鉱業、建設、情報、金融)における雇用拡大が期待されていることから、一部の市場関係者は「平均時給の上昇率は年末にかけて前年比+3%に到達する可能性がある」と予想している。
<MK>

3か月前

米国のWTO脱退は非現実的か?

 トランプ米大統領は30日、米ブルームバーグ・ニュースとのインタビューで、「世界貿易機関(WTO)が襟を正さなければ、米国はWTOから脱退する」と述べた。この問題については、ニュースサイト「アクシオス」が6月29日、「トランプ米大統領はWTOから脱退したいとの考えを繰り返し政権当局者に述べていた」と報じている。

 米国がWTOから脱退するには議会承認が必要となるため、市場関係者の間では「米国のWTO脱退は非現実的」との見方が多い。ただし、トランプ米大統領はWTOが公正な貿易取引を妨げているとの見方を変えていないため、通商・貿易問題に関するトランプ米政権の対応には注意が必要か。日米首脳会談は9月下旬に行なわれる見込みだが、その前に開催が予定されている閣僚級の貿易協議(FFR)はドル・円相場に大きな影響を与えるイベントになりそうだ。協議の結果次第では円高圧力が高まる可能性があるとみられている。

<MK>

3か月前

米国のWTO脱退は非現実的か?

 トランプ米大統領は30日、米ブルームバーグ・ニュースとのインタビューで、「世界貿易機関(WTO)が襟を正さなければ、米国はWTOから脱退する」と述べた。この問題については、ニュースサイト「アクシオス」が6月29日、「トランプ米大統領はWTOから脱退したいとの考えを繰り返し政権当局者に述べていた」と報じている。

 米国がWTOから脱退するには議会承認が必要となるため、市場関係者の間では「米国のWTO脱退は非現実的」との見方が多い。ただし、トランプ米大統領はWTOが公正な貿易取引を妨げているとの見方を変えていないため、通商・貿易問題に関するトランプ米政権の対応には注意が必要か。日米首脳会談は9月下旬に行なわれる見込みだが、その前に開催が予定されている閣僚級の貿易協議(FFR)はドル・円相場に大きな影響を与えるイベントになりそうだ。協議の結果次第では円高圧力が高まる可能性があるとみられている。

<MK>

3か月前

米国のWTO脱退は非現実的か?

 トランプ米大統領は30日、米ブルームバーグ・ニュースとのインタビューで、「世界貿易機関(WTO)が襟を正さなければ、米国はWTOから脱退する」と述べた。この問題については、ニュースサイト「アクシオス」が6月29日、「トランプ米大統領はWTOから脱退したいとの考えを繰り返し政権当局者に述べていた」と報じている。

 米国がWTOから脱退するには議会承認が必要となるため、市場関係者の間では「米国のWTO脱退は非現実的」との見方が多い。ただし、トランプ米大統領はWTOが公正な貿易取引を妨げているとの見方を変えていないため、通商・貿易問題に関するトランプ米政権の対応には注意が必要か。日米首脳会談は9月下旬に行なわれる見込みだが、その前に開催が予定されている閣僚級の貿易協議(FFR)はドル・円相場に大きな影響を与えるイベントになりそうだ。協議の結果次第では円高圧力が高まる可能性があるとみられている。

<MK>

前の記事へ »